株価2ドルだったAMDを株価10倍になってから買った結果は?


岡、習うより慣れろ!という
宗方コーチ的手法で投資経験を積んでいる
ど素人のおっさんことNEKO@53です。
 
株の知識がない人でも
株の面白さが伝わるように
シロウト目線で
シロウトが書いている、
何が何やらのブログです。
 
憤りを感じる投資家の方は
さあ、早くここから逃げて!
 
えーと前回、当たり障りなく
書いてみましたが、なぜか
ブログのアクセスが上がり新記録、
 
かたや時間をかけて
じっくり書いた記事は
誰にも読まれないというね
とてつもないジレンマが
あるんですけれども。
 
今回は僕の趣味に関係している
会社の株を買うという内容なので
読むのが面倒くさいかも知れません。
 
そんな読者の方は素っ飛ばして
株の購入部分から読んで
いただければと思います。
 

1.Apple信者が自作PCを作る

さあ、小学生になろう。と
アップルに言われた30年前。
 
AppleのMacintoshやハイパーカードに
魂こがしていた僕は
 
windows95など漢字トーク6.0にも
及ばない…なんて思ってきたわけですが、
 
windows95を使う客先に
メールが届かないだの
プリントできないだの
 
色が違うだの大きさが違うだの
いろいろと相談をされるように
なってきたんですよね。
 
仕事上、どうしても愚民ども
いえ、お客さんのwindows95に
対応せざるを得なかったんです。
 
正直なところ僕に相談されても
あまりにMacと違うので
設定なんてワケが解らないんですよ。
 
ああー
もうwindows95やめてー。
 

スポンサーリンク

 
windowsの知識を素早く学習するには
windowsパソコン(DOS/Vマシン)を
自作して自分を追い込むしかない!と
思い立ち自作を始めるわけなんです。
 
大きな力を得るには
ファウストに乗り込んで
自らをスマッシュに
改造してもらうしかないという
カズミンの発想と同じですね!
(大きなお友達にしか解らない話)

 
つーか、自分語り長いね!
長編になってしまいますね、これ。
 
やめましよう。
 

2.株価2ドルだったAMD

 
端折りますが、そんなこんなで
自作パソコンの面白さに
目覚めてしまったんです。
(自分語りオワリ)
 
自作パソコンを作るときに
CPU(中央演算装置)というパソコンの
心臓部につけるパーツがあるのですが
 


↑こういうやつです!

 
そのCPUを製造している
2大メーカーといえば
インテル入ってるの
intelとAMD社でした。
 
はい、ここでやっとAMDが出てきました。
 
どうもイメージとしては
高い!早い!安心!という
インテルのCPUに対して
 
安い!熱い!危ない!という3拍子揃った
CPUを販売してるのがAMDだったのです。
 
なんか違うかな。
 
強固な車のシャーシに
適切なエンジンを積んで
リミッター搭載してて
安全運転してねってのが
インテルのイメージで、
 
チャリンコにそこそこ早い
エンジンを積んじゃったけど
気をつけて乗ってくれよな!
っていうのがAMDイメージ。
 
まぁいいか。
 
そんなAMDは一時期、
倒産寸前まで追い込まれます。
株価はわずか2ドルまで
落ち込んでしまいます。
 

3.リサ・スー&Ryzen登場!

 
そんなときに現れたのが現CEOの
天才リサ・スー。
ロバートの秋山氏ではありませんよ。
 
技術者出身のリサ・スーは
PS4とかXBOXとか契約とか
なんやかんやでその優れた手腕を発揮し
AMDを立て直します!
 
そしてintei CPUをも凌駕する
8コア16スレッドの
ものすごいCPU・Ryzenを発売。
 

 
その後も、
もはや何に使うのか解らない
16コア32スレッドを発売したり
ものすごい快進撃が始まったのです。
 
業界っぽく言うと
ゴイスーです。

 
今までのAMDのイメージからは
考えられない圧倒的な性能を持つ
スーパーCPUで
 
しかも安価なもんですから
巨人intelは震撼。
 


Google株価表示機能より引用

 

株価2ドルだったAMDが
ついには10倍の20ドルに届くかという
株価までに上がりました!
 
リサスー!
ゴイスー!ゴイスー!
 
2年間の株の動きだけを見れば
2$から10倍になった!と思いますけど
これがもっと長い期間で見ると
どうなっているのか。
 
これです。
 


Google株価表示機能より引用

 
これを見ると最大で
40ドルを超えてますよね?
 
それならば増収増益の現在、
もっと株価はあがるんじゃないか?
 
ちなみにこのCPU、8コア16スレッド、
16コア32スレッドという事で
同時に様々な作業や計算を行うのが得意です。
しかもCPUは安価。
 
でしたら今後はゲーム機やら
自動運転の車に採用されそうな
気がしませんか?

 
そう思ってAMDの株を今のうちに
買っておこうと思ったんですよね!

 

4.そんなAMDの株を今から買う!

 
AMDの株を今から買うわけですが、
どうやって買うのか
さっくりと説明したいと思います。
 
米国株式市場は夜の
22時30分にスタートします。
 
僕はリアルタイムで米国株の
値動きがわかるマネックス証券のアプリ、
トレードステーションを使用しているのですが、
 
このアプリ(ソフト)すごい高機能で、
指値をそのまま90日間指定し続ける事が
できるんですよね。
 
つまり買いたい価格をセットしたら
90日間有効なので
あとは風呂に入ったりTVを見たり
放置でOKなんです。
 

 
このように
指値で16.50ドルになったら
30株買ってちょーだい。
15.15ドルになったら
30株買ってちょーだい。
 
…という、
財津一郎もビックリな
90日間有効な指示が
簡単におこなえるのです。
 

5.AMD株は何ドルで買えた?

 
そんなわけで、
自動でちょこちょこ買い付けが行われていて
気がつけば190株も持ってましたよ!
 
AMD株は何ドルで買えたのか?
全部を足して平均化すると
1株=約16.463ドルで
買えていましたよ~
 

 

●購入株価約16.463ドル×190株=合計3,126.4ドル

 
この会社が持っているポテンシャルに対して
株価がまだ低いような気がしているので
こんな感じでどんどん買い増しして
数年放置しても良いかな~
 

6.AMDの株価が急上昇

 
インテルは47ドル、
エヌビディア250ドルと
株価が上がりきっているので
投資するならAMDだろうと
思っている僕ですが、
 

 

買ってから短期間で
AMDの株価が急上昇。

含み益が590ドル(約65,000円)以上も付いて
いるのに違和感があって
 
株価が急に上がりすぎなんじゃない?
と思ったんですよね。
 
日本株の場合、急に上がると
株価は急に下がるんですけど
米国株はどうなんだろうかと。
 
数年持っているつもりだから
気にしなくていいとは思っているのですが
下がったら嫌だなあ…。
 

ここで気が着きましたが、
前回のグラフでは620ドルの含み益だったのに
今は590ドル…なんか下がってますよね?
なにかあったのでしょうか。
 

7.またもやトランプ大統領が!

 

下がっていた原因は
毎度お馴染みまたもや
トランプ大統領が
中国製品340億ドル相当に
25%の関税を発動させて
 
中国とのいざこざを本格化しましたので
半導体関連は軒並み下落しているようです。
 
どれだけ影響するかが解らないので
やはり今のうちに少しだけ
売ろうと思いますよ!
 

 
少しだけのつもりでしたが
19.04ドルで全部売っちゃいました。。

 

●売却株価19.04ドル×190株=合計3,617.6ドル

 
 
株価19.04ドルで売却されたので190株で
合計は3,617.6ドル
 
公式の売却記録をみるとこうなってましたよ~。
 

 
3600.26ドル…
17ドルは手数料ですかね、きっと。
 
それよりに気になるのが
-91ドル(-10,166円)の表記!
 
これ日本の税金なんですけど
20%は取りすぎでしょ
(´・ω・`) ションボリ
 

8.株価10倍になってから買った結果は?

 
結局どうなのかよく解らないけど
ドルの売り買い金額で利益を
計算してみると、
 

●売却利益=売却価格3,600.26ドル−買入価格3,126.4ドル=
 売却利益 473.86ドル

 
今回の取引の譲渡益は473.86ドル
 
こちらはマネックス証券公式サイトの
損益表ですが、日本円での換算だと
 

 
利益は50,022円!(手数料込)

(*゚∀゚)=3 ムッハー
短期にも関わらず
けっこう大きな儲けになりましたね!
 
米国株では毎回のことですが
株価に加え為替が関係して
計算が複雑なのです。
 
自分の計算とは合いませんが
マネックス証券が正しいと思いますよ~
 
そうです。
細かいことは税金も含めて
証券会社に全てまる投げです。

 

9.まとめ

 
長期保有するのだ!と
言ってた割には早々に
利益確定してしまいましたけど
 
このままズルズルと下がればせっかくの
利益を逃がすことになりますし、
 
下がったら下がったで
90日間指定してある指値で
自動的にコツコツ買い入れますので
問題ナッシング。
 
今回はこれで正解だったかな~と思います。

 

経験から得た教訓
利益が出るなら利益確定しても良し

 

長期保有だから絶対売らねえ!
m9っ`Д´) ビシッ!!
 
というのも大切なんですけども
政治的要因でどうなるか解らないときには
いちど処分して様子を見るのが
安心だと思いますよ!
 
僕がビビリなんですけどね。
(´・ω・`)
 
自作PCが趣味の僕にとって
AMDに期待しているのには
変わりませんよ~!
 
こんな感じで株の売り買いは
携帯やスマホを使えば
本当に簡単にできます。
 
このサイトにも広告が
チラホラ出ていますが
 
少しでも興味がある方は
証券サイトなどをいろいろ見て
みてくださいね
 
米国株も面白いですよ~
 
でわでわ〜
(*´ω`*)
 
▼もしこのブログを読んでいる方が
おられましたらポチッとお願いいたします。
読んでる人がいるともうちょっと頑張れます


積立投資ランキング
 

▼アップル株を買った顛末

再び買った米国Appleの株を売りました(後編)
今回はApple株。誰からも求めていないとは思いますけど今回は再度買ったその後編です~Apple株の配当金をもらえるのは権利日に株を所持していた株主のみ。その権利日は5月14日(月)。この日の終わりまで株を持っていれば配当金をもらえるのです。できればその時まで売りたくないと思って頑張りましたが…

▼アメックス株の顛末

暴落直前に米国株アメックス株をすべて売却した結果…
先日、近所のスーパーへ行く途中、スピッツを散歩させている女性がいて、横をすれ違うときにその犬がくるぶしの部分に噛みついてきたんですよ。飼い主の女性も半笑いだったんでそのときは自分も痛くないふりをしてましたが家に帰ってみてみると傷になってましてね、犬に噛まれたでGoogle検索してみたところ、

コメント

タイトルとURLをコピーしました