つみたてNISAで運用してるiFree S&P500の 回復の早さに驚き!2019年2月


ブラック会社で
働いているNEKO@53です。
こんにちは。

いまどきサービス残業が
なんで夜中まで続くのとか
なんで誰も文句言わないのとか

もはや会社なのか
アンドロ軍団なのか
わからないですけれどもね。

そんなところにいても
使い捨てにされるだけですから
今更ですけど、

老後のことを考えて
なけなしの貯金を使って
投資をしています。

ヤルッツェブラッキン!
m9っ`Д´) ビシッ!!

そんな中、トランプ大統領が
ツイッターでまた爆弾発言をしまして、

BBC NEWS JAPAN(2019年5月9日版)

関税率を10%から25%に引き上げるって
いうやつですね。

米中の協議中に実行されて
結局は合意に至らず。。。

前回、iDecoイデコの話で
NYダウがどーのとか書いたのですが、
世の中、予想通りには動きませんね。
(・ω・`)

おかげさまで
世界の株式市場が乱高下して
めちゃめちゃです。

対応手段はただ1つ、

ほっとくしかない

ということで気にしても
しょうがないので今回は、

マネックス証券
つみたてNISAで運用している、
【ひふみプラス】【iFree S&P500】
【楽天・全米株式インデックス】の
2019年2月の運用報告です。
スポンサーリンク

 

1.つみたてNISAの2019年2月の買入日と金額は?

僕はつみたてNISAの口座を、
マネックス証券で開設し運用しています。

2019年2月の買入日はほぼ変わらず、

・ひふみプラス2月5日→4,000円
・楽天全米株式インデックスは2月13日→12,500円
・iFree S&P500は2月21日→12,500円

合計で月29,000円の積立です。

iDeco位イデコと異なり、
運用商品それぞれの買入日は
自分で自由に設定する事ができますよ〜

 

2.iFree S&P500の回復の早さに驚き!

前回からさらに上昇基調になり
少しづつ含み損が消えていき、
ついにプラスへ!

特に海外の
つみたてNISAで運用してるiFree S&P500の
回復の早さに驚きましたよ

それでは
つみたてNISAの14ヶ月め、
2019年2月の運用状況をご覧下さい~

1)2019年2月1日金曜日

■トータルリターンは
・ひふみプラスが −9,648円
・iFree S&P500  −1,031円
・楽天全米株式インデックス −2,091円

→損益は −12,770円です。

 


2)2019年2月4日月曜日

■トータルリターンは
・ひふみプラスが −8,426円
・iFree S&P500 −246円
・楽天全米株式インデックス −1,328円

→損益は −10,000円です。

 


3)2019年2月5日火曜日

この日、NISAで設定していた、
ひふみプラス2月分の買付が行われ
4,000円分を購入しました。
約定価格は36,401円でしたので
1,099口が購入できました。

これによってひふみプラスの
累計買付金額は79,833円になりました。

 

■トータルリターンは
・ひふみプラスが −8,201円
・iFree S&P500 1,199円
・楽天全米株式インデックス 582円

→損益は −6,997円です。

 


4)2019年2月6日水曜日

■トータルリターンは
・ひふみプラスが −7,954円
・iFree S&P500 1,551円
・楽天全米株式インデックス 273円

→損益は −6,130円です。

 


5)2019年2月8日金曜日

■トータルリターンは
・ひふみプラスが −9,751円
・iFree S&P500 118円
・楽天全米株式インデックス −920円

→損益は −10,553円です。

 


6)2019年2月14日木曜日


前日2月13日に
楽天・全米株式インデックス
2月分の買付が行われ
12,500円分を購入しました。
約定価格は10,800円でしたので
11,575口が購入できました。

これによって
楽天全米株式インデックスの
累計買付金額は127,000円になりました。

 

■トータルリターンは
・ひふみプラスが −7,022円
・iFree S&P500 3,702円
・楽天全米株式インデックス 2,491円

→損益は −829円です。

 


8)2019年2月15日金曜日

■トータルリターンは
・ひふみプラスが −7,877円
・iFree S&P500 2,769円
・楽天全米株式インデックス 1,634円

→損益は −3,474円です。

 


9)2019年2月18日月曜日

■トータルリターンは
・ひふみプラスが −6,849円
・iFree S&P500 4,316円
・楽天全米株式インデックス 3,146円

→損益は 613円です。

 


10)2019年2月19日火曜日

■トータルリターンは
・ひふみプラスが −6,707円
・iFree S&P500 4,305円
・楽天全米株式インデックス 3,133円

→損益は −731円です。

 


11)2019年2月22日金曜日


前日の2月21日に
iFree S&P500インデックス、
2月分の買付が行われ
12,500円分を購入しました。
約定価格は11,554円でしたので
10,819口が購入できました。

これによって
iFree S&P500の
累計買付金額は139,000円になりました。

 

■トータルリターンは
・ひふみプラスが −6,964円
・iFree S&P500 4,568円
・楽天全米株式インデックス 3,515円

→損益は −2,041円です。

 


12)2019年2月25日月曜日

■トータルリターンは
・ひふみプラスが −6,269円
・iFree S&P500 5,465円
・楽天全米株式インデックス 4,372円

→損益は 3,568円です。

13)2019年2月26日火曜日

■トータルリターンは
・ひふみプラスが −6,306円
・iFree S&P500 5,976円
・楽天全米株式インデックス 4,836円

→損益は 4,506円です。

 


14)2019年2月27日水曜日

■トータルリターンは
・ひふみプラスが −6,226円
・iFree S&P500 5,303円
・楽天全米株式インデックス 4,099円

→損益は 3,176円です。

 


 

3.まとめ:つみたてNISAで運用した投資信託3種の14ヶ月めの成果は?

2019年2月までにどれだけの
口数を買ったのかというと…

■保有口数
・ひふみプラス 18,580口→19,679口
・iFree S&P500 113,691口→124,510口
・楽天全米株式インデックス
107,487口→119,062口

そして
マネックス証券で運用している
つみたてNISAの14ヶ月めの
トータルリターンは…

3,176円でした!

月初は全てが含み損を
出していたにもかかわらず

楽天全米株式インデックス、
iFree S&P500が共にプラスになりまして、

トータルで含み益まで出すという
逆転劇になりました。

あの大暴落から2ヶ月で、です。
早くないですか??

 

経験から得た教訓
米国株やS&P500は意外と回復が早かった

 

つくづく思うことは
12月の暴落で動揺して
慌てて売らなくて良かった!

毎日気が滅入るので
売ってしまえば良かったって
思ってる人もいるかもしれませんが

つみたてNISAは
非課税期間が20年間
ですから、
含み損だからといって
1年そこそこで売ってしまうのは
ちょっともったい無いかなと思いますよ〜

10年後、15年後は
どうなっているか
判らないのです!
m9っ`Д´) ビシッ!!

そんな感じで
このサイトにも広告が
チラホラ出ていますが

少しでも興味がある方は
投資関連サイトなどをいろいろみて
みてくださいね

ちょっと見るだけでも
それがきっかけとなって
将来慌てる必要がなくなるかも
しれませんよ~

でわでわ~
(*´ω`*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました